おはようございます!
プロフィール
お得だね情報自己紹介
RSSフィード
【訳あり】カニしゃぶ鍋にしますか?自宅用だから旨くてたっぷり食べたい方におすすめです。
2010-11-23 16:33:43

商品説明

★折れ・はがれ・大小バラツキの訳あり!
★旨くてたっぷり食べたい方におすすめです!!
★面倒な殻むきは済ませてあるので簡単調理
★国内(北海道)加工だから安心
 

【訳あり】折れ・はがれ・大小バラツキの訳あり品でも、自宅用だから旨くてたっぷり食べたい方におすすめです。

カニ好きにはたまらない!!豪華カニ料理が自宅で簡単にお召し上がりいただけます♪売り切れの際はご容赦くださいm(__)m

形の整った正規品は高価ですが、訳あり品は半額以下で超お買い得♪
折れ・はがれ・ふぞろいでも、味は一級品!!とろ~り甘くてホクホク♪

業務用の1kgはすごいボリューム!!
生ズワイガニ脚(しゃぶしゃぶ用)のカニ脚をたっぷり業務用1kg袋に詰めました!
撮影用に届いた1kgの中身は大小合わせて48本も入っていました!!
(本数は多少前後します)

お届けするのはズワイガニの一番太い脚の部分(脚先は入りません)のみです。
カット・殻むき加工は国内(北海道)なので安心です。

食べやすいように関節部分以外はすべて殻を取ったフルポーションです。
(殻つきのものや殻が半分残ったビードロカットにくらべ食べやすいのはもちろんですが、殻の部分の重さがないので、重量分きっちり味わっていただけますのでお得です)

お鍋などで食べる目安は、1人で6~7本食べても、7~8人前はたっぷりありそうです!!

食べやすいカニ脚だけ1kg、その上面倒な殻はむいてあるので調理も食べるのも簡単。

カニ鍋やカニしゃぶ 以外にも味噌汁・ちらし寿司・天ぷら・バター焼き・フライ・サラダ・カニちり、BBQなどアイディア次第でいろいろお楽しみいただけます♪

美味しく食べていただくための解凍のポイントは半解凍
・流水で解凍→ 
水にふれるとカニの旨みが逃げてしまいますので、ビニール袋等に入れ密閉した状態で流水解凍します。カニの周りについた氷を落としてから解凍すると本来の甘みがよりお楽しみいただけます。

・半解凍で調理→
  完全に解凍してしまうと旨みがドリップとして流れ出てしまいますので
  半解凍(芯が氷った)の状態で調理してください。
 
生冷凍のカニは半解凍後速やかにお召し上がりいただくことをおすすめします。
解凍しすぎると旨みが流れ出てしまいますので要注意!!

★冷凍でお届けしますが解凍後の再冷凍は風味を損ねますのでご遠慮ください。
 本品は生冷凍ですので、必ず加熱してお召し上がりください。
 

【訳あり 無選別だが身入りは抜群!】ボイルズワイ蟹脚2kg たっぷり7〜8人前

【訳あり 無選別だが身入り…

¥5,880(税込)

大人気のズワイ蟹の脚を詰め合わせました。2キロセット、お買い得価格でのご紹介です。蟹の中でも人気のズワイ蟹の脚…

【訳あり 無選別だが身入りは抜群!】ボイルズワイ蟹脚2kg たっぷり7〜8人前【訳あり 無選別だが身入りは抜群!】ボイルズワイ蟹脚2kg たっぷり7〜8人前をカートに入れる

 

 

スペック

【商品名】
 ボイルズワイ蟹脚2キロ
【原材料名】
 ズワイガニ
【内容量】
 ズワイガニ2キロ(M~2L)
【賞味期限】
 冷凍(-18℃)1年、解凍後冷蔵1~2日
【保存方法】
 冷凍(-18℃)、解凍後冷蔵
【凍結前加熱の有無】
 加熱しています
【加熱調理の必要性】
 解凍後お召し上がれます
【原産地】
 ロシア
【加工地】
 福岡
【注意事項】
 お召し上がりになる時は、乾燥を防ぐために濡れたフキンやキッチンペーパー又は新聞紙を必ずかけ、ビニール袋にいれ温度変化の少ない冷蔵庫の中でゆっくり自然解凍してください。
※解凍の際にグレース(氷の膜)が溶けて水が出ますのでご注意ください。

メッセージ
コメント:
  • 名 前 :
  • メール :
    例えば:example@example.com
  • URL :
    例えば:http://www.acty-b.net
  • タイトル(必須) :
    (タイトルは1文字以上で入力してください)
  • コード(必須) :
  • コメント(必須) :
    (本文は5文字以上で入力してください)
この記事の引用 URL:
カレンダー
2018年09月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
PR
Powered by BusiWeb
あなたは4802番目のゲストです

お得だねドットコム|売れてる通販商品|特選通販サイト - 無料ブログ【無料BLOG】のGGブログ【GG BLOG】は個人の方をオフィシャル化したいと考えております。