おはようございます!
経営者の想いをカタチに 会社経営をトータル的にサポート
企業の計数管理講座 開催!
2013/06/17 15:44

6月13日、14日と企業の計数管理講座を開催いたしました。



【講座の内容】

会社を経営していく上で必ず出てくるのが、「貸借対照表」、「損益計算

書」、「キャッシュフロー計算書」


何回説明されてもよくわからない、どこをどう見たら良いのかわからな

い、経営にあまり役に立たない、といったことを経験されたことは一度や

二度はあるのではないかと思います。


今回の講座では、専門家が専門用語を使って説明する内容ではなく、初め

ての方にも理解いただけるようなわかりやすい言葉と図解を使って説明い

たします。


【受講対象者】
 1、数字が苦手な経営者
 2、これから起業を考えている方
 3、原点に戻って数字を学びたい経理担当者

【講座の特徴】
 1、企業経営に共通する「計数管理の原則」をお伝えします。
 2、経営に関する数字の考え方をシンプルにします。
 3、経営者のために判断に必要な部分だけに集中してお伝えします。
 
【受講者の皆様へのお願い】
 1、難しい用語は理解しないでOK。フィーリングでとらえてくだい。
 2、円単位のものは全て「お金」として考えてください
 3、現在できていなくても焦らないでください。
 4、理解できない点は、積極的に質問して解決してください。

【カリキュラム】

 6月13日「儲けの仕組み図」(損益の原則)
        

 6月14日「成長のための財務」の原則










【特別企画】ベトナム、カンボジア 現地視察ツアー
2013/06/17 12:24
5月20日から27日まで、弊社主催のアジア視察ツアーに行ってきました。

20日にベトナム、ホーチミンに入り、翌日日本人が経営している美容室等を訪問しました。


22日は陸路でホーチミンからカンボジアに入りました。

カンボジア、プノンペンではネイルサロン、イタリアンレストラン

診療所、救急医療隊、等を視察。


途中シハヌークビルに行き、港やコンテナ、プライベートビーチなどを見てきました。









元銀行マンが伝える!融資の基本セミナー
2013/06/17 12:14

5月16日に「元銀行マンが伝える!融資の基本」のセミナーを開催

しました。



今回の講師の岩井先生は14年間、都市銀行にお勤めされ1000社以上の

クライアントを担当。

マニラ駐在所の立ち上げに携わり、帰国後は某大手ネットバンクの

立ち上げにも携わってこられました、すごい経歴の先生です。


セミナーでは銀行さんが企業に融資をする際、「決算書」、「資金繰り

表」、「担保」、「経営者」を視点で会社を見ているかをポイントに

お話いただきました。


セミナーではケーススタディも交えて、実践的な内容となりました。

参加者の声

●銀行に対する意識を変えることが大事
銀行さんが我々のどこを見ているのか、どの数字を見ているのか聞けた

ので、次回から銀行への相談に大変参考になりました。

 T.H

●事業計画を作るにあたり、他社にない強みをアピールをすると共に

自社の弱い部分についていかに減点されないようにするかを検討したい

と思います。

 K.M

●資金繰り表を使ったロープレ
実際に皆さんの意見を聞きながら自分の考えを検証できました。 

 M.H






アジア経済セミナー
2013/06/17 11:56
4月15日に「いまアジアが熱い!アジア経済セミナー」を開催しました。

講師の吉田さんは都内のコンサルティング会社を経て2001年に独立。

事業計画・予算統制、内部統制システムの構築などを手がけてきました

が、2008年頃から冷え込みの続く日本以外の市場を求めて数多くの国を

視察され、その結果、カンボジア、ベトナムが市場として今後大きな可能

性を秘めていると知るにいたり、主に日本の中小企業を対象に東南アジア

の新しい市場開拓をサポートし続け、現在は月の半分以上を海外で過ごさ

れています。





セミナーには、たくさんの人にご参加いただきました。
本格的にアジアに進出をしようとしている人、今後どこかのタイミングで

進出を考えている人など様々です。

5月下旬には現地視察ツアーも開催予定です。
皆さんと一緒に海外でビジネスをしていきたと思っています。


「アジア経済セミナー」をやります
2013/04/01 19:01
ぜひ知っておいて欲しい!  

いま日本の置かれている状況は、市場の成熟化、少子高齢化による人口の減少、財政危機による増税などなど様々な問題に直面しています。 

かたやアジア市場は急成長をしており、以前のアジアとは全くちがう姿になりつつあります。 

過去のイメージのアジアではなく、最新のアジアをお届けします! 


【こんな方におススメ】 

・アジアに興味がある人 
・海外でビジネス展開をしたい人 
・いずれ海外進出しようと思っている人 
・アジアのリアルな情報が欲しい人 
・新しいマーケットにチャレンジしたい人 
・売り上げをアップさせたい人 


【セミナーの内容】 

1、アジア市場の可能性 
2、ベトナムで広がる市場の将来性 
3、ビジネスの新天地カンボジアの可能性 
4、アジア市場で成功する秘訣 
5、アジア展開での失敗例 
6、中小企業が海外進出するために 


【講師プロフィール】 

株式会社ASIAN TRIANGLE 代表 吉田幸市氏 

平成20年に国内市場の先行き不透明感を懸念し、日本と一番友好かつ密接に市場創出について関係性を構築できる国を探すために、中国(香港、深セン、上海)、ベトナム、カンボジア、シンガポール、トルコ、チュニジアの現地に赴き市場調査。 

結果として、ベトナム、カンボジアに可能性を感じ、ほぼ毎月現地に入り、市場調査、人脈形成、法整備確認をはじめ、ビジネス形成のための調査を行なう。 

平成23年3月本格的に国内中小・中堅企業の海外市場創出を実現することを目的とした国内法人、株式会社Asian Triangle JAPANを設立。ならびに同年4月に、AsianTraiangleViennam(ベトナム・ホーチミン)、AsianTraiangleTradingCambodia(カンボジア・プノンペン)に現地法人を設立。

香港、中国(深セン)、バングラディッシュ、インドに提携アライアンスパートナーを擁し、東南アジアを中心としたアジア市場創出による日本の中小・中堅企業再生の仕組みを構築ならびに実践中。 

ベトナムホーチミンでは日系美容院としては初めての試みと思われる100%ベトナム人を対象とした日本人美容師が施術する美容院の資本参加、経営を行なう。 

カンボジアにおいてもカンボジア産のミネラルウォーター初めて日本に輸入(福島県相馬市への援助物資として)、またプノンペンを中心とした市場において日本製化粧品ならびに中古バイクの市場創出を手がけている。 
両国において、日本人か否かを問わず実業を中心として構築した人脈をベースに、効果的効率的に市場創出を行なう。 

このようなノウハウ・事例を求められ、をイオン(株)の海外進出チームを対象としたベトナム、カンボジア進出についての講演を行なう。 

現在は中小・中堅企業の市場創出を具現化するために月の約半分を東南アジアにて過ごす。 



日時:25年4月15日(月)

   14時~17時 開場13時30分


場所:ジーニアスセミナールーム秋葉原



参加費:3000円


お申込み:info@hm-support.net 

シンガポールはお得!
2013/02/03 13:41
先日シンガポールでビジネスをされている方のセミナーに行ってきました。


シンガポールは香港と同様アジアの金融の中心となっています。

東京23区の広さに526万人。
産業は金融、バイオ、製薬、IT、などなどハイテク産業が育っています。
成長力は4%から2.4%若干スローダウンしているそうです。

国の政策で富裕層や技術者などを呼び込んでいるため国の競争力はスイスについで第2位。(ちなみに日本は10位。)


金融についてもプライベートバンクがスイスからシンガポールに移ってきていて東洋のスイスともいわれているそうです。
World's 10 strongest banks世界のトップ10の金融機関のうちシンガポールの銀行が3行入っているそうです。


税制面は日本と比較すると


          シンガポール   日本
  法人税          17%          38%
  所得税               20%            40%
  キャピタルゲイン          0%           20%
  相続税             0%         50%
  消費税             7%           5%

シンガポールはかなりお得ですね。

同じ利益をあげた場合に明らかに手元に残るお金は大きく違ってきます。

1億円の利益だと2000万円もの税金が違ってきます。

日本は財政が大変厳しい状況なので、税金が高いのは止むを得ないかもしれませんが、これだけ違うと競争力も違ってきますし、富裕層も安い税金の国に移り住んでしまいますね。

先日、日本の税制改正大綱がでました。

法人の税金は減税になっていますが、個人の所得税や相続税は増税となっています。

政策によってこれだけの差が出てきてしまうのですね。


そんなシンガポールも問題はあるようで
①富裕層の移民による物価高
②インフレ
③自国民の雇用喪失
④不動産価格が高い  などがあげられるそうです。


シンガポールは比較的簡単に会社が作れるようですので、アジアの地域のビジネスの拠点としていずれ会社を作ってみたと思っています。


マリーナ・ベイ・サンズ 


PCよりスマホ?
2013/01/31 15:22

昨年の10月にIpadとモバイルWIFIを買いました。


Iphoneは使い始めて2年ぐらいになりますが、IpadとモバイルWIFIを持つとさらに便利で仕事の効率がアップしますね。


以前は社外にパソコンを持っていてもネットワークに接続が出来なかったので、外での仕事は限られてしまっていましたが、ネットに接続できることで電車でもカフェでも仕事をするようになりスケジュールの空き時間を無駄にしないですむようになりました。

仕事のスタイルもだいぶ変わってきていますね。


パソコンからの検索件数よりも、スマートフォンからの検索数が倍近く違うキーワードもあるそうで、ネット上での広告もスマートフォンへの対策を無視できなくなってしまいましたね。


私の仕事道具です(^^)v


セミナーを行いました。
2013/01/29 15:37

1月21日月曜日に営業、SNSのコンサルサントと3人でコラボでセミナーを

行いました。

私のパートは会社の現状をきちんと把握し、分析し、計画を立て実践

しましょうということをお伝えさせて頂きました。


企業はPDCAのサイクルをいかに回せるかが成長するための秘訣です。

漠然とした情報では誰にどの商品を販売したら良いか見えてきません。


我が社の商品やサービスを誰にどのように販売していくのかといった仮説を

立て、立てた仮説が正しかったのかどうかを実証し改善していく。

この動きを何度も何度も行いお客様のより望んでいることを追究して行く事が

お客様満足を得られ、さらには新たな顧客を創造することのヒントを得られる

ことになります。



~~セミナーの内容~~



第一部.

素人でもバイトでも、お客さまが指名来客する「金の卵」に次から次へと育つ!「金の卵」育成法ベーシック ~お客様は、会いたいから、来る~

オフィスオントロジー代表 「聴く」会社・人育成コンサルタント 友成治由


第二部.
いままで気付かなかった意外な数字とは。売上高、来客数だけじゃない!たくさんの数字を見てきたプロが教える、呼び寄せ「キー数字」講座

H&M Support株式会社 代表 齋藤眞一


第三部. 

お客さまは仲間、だから、来る! SNSがこれからの時代の集客のメインです。今年から始めよう、SNS。集めるから「集まる」最新インバウンドマーケティングとは?


プリージングビス株式会社 代表取締役 猪崎紀人



主催:川野辺税理士事務所



プロフィール
H&M Support Inc
  • 性 別: 男性
  • 星 座: Libra

We are the support of corporate management

検索フォーム
  
RSSフィード
カレンダー
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
PR
QRコード

機種によっては正常に表示されない場合がございます。

Powered by BusiWeb
あなたは25595番目のゲストです

H&M Support株式会社 - 無料ブログ【無料BLOG】のGGブログ【GG BLOG】は個人の方をオフィシャル化したいと考えております。