HOME >>利用規約
利用規約
第1条  本規約の目的および趣旨
本規約は、本サービスに関するGGブログ運営者(株式会社アクティブレイン)『弊社』と利用者との間の合意事項 であり、本サービスの運営方法を明確にしかつ効率化することを目的とします。
第2条  GGブログIDへの利用申し込み
本サービスの利用希望者は、本規約を承認した上で「GGブログID」へ利用申請を行うものとします。
第3条  GGブログID利用申請の承認
GGブログID利用加入の申請は、GGブログID利用に必要な「ユーザーID・パスワード」の貸与をもって成立した ものとします。ただし、GGブログID利用登録者(以下、GGブログIDユーザーという)より申請された情報に虚偽 の記載があった場合・GGブログIDの利用が適当でないと弊社が判断した場合は承認後であっても、その承認を取り 消す場合があります。また、GGブログIDの利用が適当でないと判断した場合、その趣旨をGGブログIDユーザーへ 連絡する義務を負わないものとします。
第4条  通知または連絡
株式会社アクティブレインは弊社運営のWebサイトや電子メールの送付など弊社が適当であると判断する方法によ りGGブログIDユーザーに対し、必要な情報を通知します。当該通知を弊社のWebサイトや電子メールで行った場合 は、Web上に掲載、又は電子メールを送信した時点より効力を発するものとします。弊社では、原則として電話・ FAX、来訪によるご連絡には対応しておりません。
第5条  登録電子メール・ユーザーID及びパスワード
GGブログIDユーザーは「登録電子メール・ユーザーID及びパスワード」の管理に責任を追うものとし、操作ミス または第三者による不正使用等に関して、弊社はいかなる責任も負わないことに同意するものとします。 弊社は、 登録された電子メール・ユーザーID及びパスワード再発行の義務を負わないものとします。
第6条  権利の譲渡・販売
「GGブログIDユーザー」は、サービスを受ける権利を、GGブログの事前の許可を得ることなく第三者に譲渡及び 販売・貸与してはならないものとします。
第7条  通信等
GGブログIDを利用するには、WEBにアクセスする必要があります。GGブログIDユーザーは、自己の費用で通信 手段を準備し、それらを適切に設置・操作する必要があります。 GGブログはwwwにアクセスするまでの準備・方 法などについては一切関与しないものとします。
第8条  禁止事項
ユーザーは本サービスの利用について以下の行為を禁止します。禁止行為を行った場合は予告なくサイト登録抹消す るとともに、禁止行為に基づき弊社または第三者が損害を被った場合は、当該ユーザーはこれを賠償するものとしま す。
1、法令に抵触する内容、及び画像、記事、音楽、ソフトウェアなどの著作権を侵害する行為、および違法な行為を 勧誘、助長する行為。
2、他人の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為。
3、他人の信用もしくは名誉を侵害し、又は他人のプライバシー権、肖像権、その他一切の権利を侵害する行為。
4、公序良俗に反する行為及び表現。
5、弊社による本サービスの運営・提供、または他の利用者の本サービスの利用を妨害し、それらに支障をきたす行 為とその幇助。
6、さまざまなトラブルに発展しうる個人、特定団体、製品、その他を差別し、誹謗中傷を行うなど、名誉や信用を 毀損する行為。
7、特定の国家、組織団体、統治機構に対して誹謗中傷し、名誉・信用を毀損する行為とそれを助長する行為。
8、本人以外の個人や会社、組織を名乗ったり、事実がないにも関わらず他の人物や会社、組織と業務提携や協力関 係があると偽ったり、またはそれ相応の行為。
9、当サイトや他人のコンピュータのソフトウェア・ハードウェア・ネットワーク機器の機能を妨害、破損、制限す る行為やその行為に関する幇助。
10、禁止行為に該当する恐れがある行為。
11、その他弊社が、合理的な理由に基づき不適切と判断する行為。
第9条  免責事項

以下の項目に対して弊社は一切の責任を負いません。

1、 ユーザーは、独自で作成されたコンテンツの内容について、あらゆる法的責任、損害賠償 および訴訟費用について全責任を持ち、また、日本国の法律、法令、条例に反するような内容はもちろん、他人への誹謗中傷、いやがらせ、他人の知的所有権の侵害、プライバシーの侵害、公序良俗に反する内容 が掲載されてしまった場合、すみやかに削除する管理義務を担っていただきます。管理人はアカウント内の内容を保証するものではなく、また利用者および第三者に対していかなる責任も負いません。
2、無料サービス継続提供に関し、いかなるお約束もできません。無料サービスは突然中止される可能性があります(継続努力はしますが諸事情により不可能な場合があります)。また個別にご利用を予告なくお断りする場合もあります。ご了承の上ご利用ください。
3、このサービスを利用して起きたいかなるトラブルについても、弊社は一切関知しません。内容の管理責任はユーザーにあり、したがってサービスの利用を通じユーザまたはユーザーのサイトに訪問した方に何らかの被害が生じても損害賠償などには応じられません。特に売買情報関連のサイトを運営される場合、ユーザーはユーザーサイト利用者に対して責任関係を明示するものとします。 問題は当事者同士で完全に防止または解決してください。
4、弊社は、本規約に関しユーザーのサイトを監視・削除する義務を負うものではありません。ユーザーのサイトにて発信された全ての情報に関する責任はユーザーが負うものとし、当該情報を削除しなかったことによる、ユーザーまたは第三者の被った被害について弊社は一切責任を追わないものとします。
5、他のユーザーに支障がでる場合、弊社の判断で警告無しに削除する場合があります。
6、お客様が、WEB上で弊社に対して提示される、住所・氏名・電子メールアドレス・電話番号・ファックス番号などの個人情報は、お客様の同意なしに第三者に開示いたしません。ただし、下記の場合は個人情報を第三者に開示することがあります。
  1. 裁判所・警察等の公的機関から、法令に基づく正式な照会要請を受けた場合。
  2. 人の生命、身体及び財産等に対し差し迫った危険があり、緊急の必要性があると認められる場合。
  3. ユーザーが希望するサービスの提供の為、情報の開示や共有が必要と認められる場合。
  4. ユーザーにサービスを提供する目的で弊社から委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(こうした会社は弊社が提供した個人情報を上記目的の必要限度を超えて利用することはできません。)
  5. 弊社のサイト上でユーザーの行為が、利用規約に反し、弊社の権利・財産やサービス等を保護するため必要と認められる場合。
7、弊社は本サービスを利用した事・利用出来なかった事・又は利用しなかった事に関して「GGブログIDユーザー」及び利用者が被ったいかなる損害または損失などについては、一切の責任を負わないものとします。
第10条  本サービスの一時停止・中止、その他
1、弊社は、利用者に事前に通知することなく、本サービスのシステム等を変更することができるものとします。
弊社は、保守作業、システム復旧、停電や天災などの不可抗力、またはその他のやむをえない理由により本サービスの運営を中止または中断することがあります。その場合は、あらかじめその旨を告知しますが、緊急を要しやむを得ない場合は、この限りではありません。
3、弊社は、いつ何時といえども、弊社の判断によって本サービスの内容を変更し、または本サービスの一部または全部を停止しもしくは終了することができることとします。本サービス終了、または抹消後、弊社は、弊社または弊社が運用を委託する第三者のサーバーに保管される投稿およびその他の情報等を弊社の判断で抹消することができるものとします。
第11条  広告主との関係に関して
本サービス中に表示される広告・宣伝を行っている広告主との取引は利用者と該当広告主の責任において行ってください。GGブログはサービス中に掲載されている広告によって発生した損害及び掲載された事自体に起因する損害に関しては一切責任を負いません。
第12条  規約の変更
弊社は「GGブログIDユーザー」の了承を得ることなく必要に応じて本規約を変更することがありますが、変更の都度「GGブログIDユーザー」へご連絡する事はいたしかねますので、ご利用の際には本サイトに記載されております最新の利用規約をご参照ください。
第13条  紛争処理
1、本規約は、日本法が適用されるものとします。当サービスの利用から生じた一切の紛争やクレームについては日本:千葉県千葉市において認知される仲裁手続きにより解決されるものとします。仲裁を経て解決されない紛争やクレームは裁判にて解決されるものとし、その場合、千葉市地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。仲裁・裁判に関する弁護士費用は各当事者の負担とします。
2、本規約の条項が裁判所により無効あるいは施行不能とされた場合でも、当該条項以外の条項は有効とし、適応されるものとします。






ピックアップ

伊藤社会保険労務士事務所



経営者の方のお悩みにお答えします!

ウェイウェイ



・・・生きているからこそ、楽しいこと、苦しいこと・・・ ウェイウェイのブログ

kairourou



本は読むより買う方が簡単です 読んで思ったことをとりとめもなく つづります

無料ブログ【無料BLOG】のGGブログ【GG BLOG】は個人の方をオフィシャル化したいと考えております。